このエントリーをはてなブックマークに追加

知っておきたい御中元マナー

お世話になった方への夏の贈り物「お中元」
コロナ禍でなかなか会えない今だからこそ、贈り物で日頃の感謝を伝えましょう。
今回はお中元を贈る時期のマナーや、金額の相場などをご紹介します♪

そもそもお中元って?

お中元は、中国の民族宗教である「道教」の年中行事の三元のひとつ、中元から来ています。中元は旧暦の7月15日のことで、地官大帝の誕生日であり、様々な罪が赦される贖罪の行事が催さます。
また仏教では、この日にご先祖様を供養する「盂蘭盆会(うらぼんえ)」を催すようになりました。

日本ではこの「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と結びつき、お盆に親類や商い先、お世話になった人に贈り物をするようになったのが、お中元の由来とされています。

お中元を贈る時期は?

地域によってずれがある為、大きく分けて7月1日~7月15日までと7月15日~8月15日までに分かれます。
最近はお中元シーズンの配送が混んでしまうことや、日時指定ができないなどの要因も相まって、早めの配送となっているのか、前倒しで贈る方も多いようです。
沖縄の場合のみ、他の地域と異なり旧暦の7月15日までに届くように贈るため、その年ごとに確認が必要となります。

お中元を贈る時ベストな時期

関東・東北・甲信越 7月1日から7月15日
北陸 7月15日頃(地域によって異なる為)
例)金沢:7月1日から7月15日
  能登:7月15日から8月15日
北海道・東海・関西・中国・四国・九州 7月15日から8月15日
沖縄 旧暦のお盆までに届くように贈る

お中元の金額の相場は?

金額の相場は、贈る相手との関係性によって変わってきます。安すぎても失礼にあたりますが、高額すぎても相手に気を遣わせてしまうため不適切となります。
両親・義両親・兄弟・親戚など関係性の近い相手には3,000円~5,000円程度が相場とされています。身内なので、無理をして高額な品物を贈るよりも、相手の好みに合った品物を贈りましょう。
友人・知人へは3,000円程度が相場とされています。相手の負担にならないよう価格はおさえた品物が適しています。
取引先や上司へは5,000円程度が相場です。お得意先や特にお世話になっている場合でも、上限10,000円程度を目安に選びましょう。

お中元におすすめ!フェーヴの豆菓子

個包装の可愛いパッケージのフェーヴの豆菓子は、お中元にピッタリです。
熨斗も無料でお付けできます♪

おつまめプチアソート30


¥3,240(税込)
夏にぴったり♪ビールやお酒のおつまみとしてはもちろん、おやつに喜ばれる塩や醤油、スパイスをきかせた5種類の豆菓子を、夏季限定封筒に包んで詰合せました。
親戚のおうちにも、取引先への贈り物でも重宝する小分けタイプのギフトです。
>>「おつまめプチアソート30」の商品情報はこちら

和ラスク×豆スイーツギフト


¥4,000(税込)
フェーヴで人気の豆スイーツ5種類(プチサイズ各2袋)と、姉妹ブランド“和楽紅屋”のロングセラー商品「和ラスク」を20枚詰合せた、オンラインショップ限定のコラボミックスです。
きなこやフルーツ等の味わいや彩りを活かした豆スイーツと、上品で優しい甘さの和三盆糖や北海道産発酵バターの風味を活かした和ラスクの、バラエティ豊かな詰合せは喜ばれること間違いなし♪
送料無料なので、お中元の複数配送におすすめ!
>>「和ラスク×豆スイーツギフト」の商品情報はこちら

サブレとおつまめプチアソート


¥3,240(税込)
北海道産小麦&バターを使用した、サクッと軽い食感が特徴のサブレ4種類(各4袋)と、おやつにはもちろん、お酒のおつまみにも最適な“塩味系豆菓子”5種(各2袋)を詰合せました。
ひと味違うバラエティ豊かな夏ギフトです♪
>>「サブレとおつまめプチアソートL」の商品情報はこちら

お中元の時期過ぎてしまったら…

お中元の時期を過ぎてしまったけど、贈り物を贈りたい!
そんな時は、「暑中見舞い」や「残暑見舞い」を贈ることで解決できます。
~8月7日頃までは、「暑中見舞い」、8月7日頃~8月31日頃までは「残暑見舞い」として贈りましょう。
目上の方へ贈る場合の熨斗の表書きは「暑中見舞い」や「残暑見舞い」ではなく、「暑中伺い」「残暑伺い」と書きます。

いかがでしたか?
お中元は日頃の感謝の気持ちを伝える贈り物です。
お中元のマナーをしっかり把握することで、より一層気遣いの気持ちが伝わります。
ぜひ、お早目のご準備を♪

>>フェーヴのお中元・夏ギフト特集はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事