このエントリーをはてなブックマークに追加

健康とお菓子の上手なバランス

健康とお菓子の上手なバランス

「太るから」「虫歯になるから」と健康へのマイナスのイメージがあるお菓子ですが、お菓子の種類や量を考えて食べれば、心も体も満たされるもの。

健康を配慮したうえで体にもやさしいお菓子を選びましょう。

気を付けたい!お菓子を食べるリスク

食べ方によってはお菓子は健康に影響を及ぼします。まずは、お菓子と健康へのリスクについてみてみましょう。

砂糖の摂りすぎ

市販のお菓子などは、意外に砂糖が多く含まれています。少しずつ食べているうちに砂糖を摂りすぎていたということも。

砂糖は1日に10グラム程度が適切な量だと言われています。なので、日々の食事に含まれる糖分も考えるとお菓子で摂れる砂糖の量はほんのわずかしかありません。

仕事で疲れたときや頭を使ったときに、飴やチョコレートなど甘いお菓子は疲れを癒してくれます。しかし、適切な量を超えて食べすぎた場合はカルシウム不足や虫歯に繋がることも。逆にイライラすることもあります。

塩分の摂りすぎ

1日に摂れる塩分の量はごくわずかで、塩分の制限をしないかぎり日常の食事でまかなえてしまいます。

スナック菓子など塩気のきいたお菓子をついつい食べ過ぎてしまうと、それだけで塩分の摂りすぎになってしまうので注意が必要です。

喉がかわいたり血圧が上がったりむくみが気になる場合は、一度塩分の量を把握するところからはじめてみましょう。

お菓子の種類や量を考えて健康に

他にも市販のお菓子はカロリーの高いものや添加物の多いものなどもあります。お菓子を楽しく食べるには、食べる量と健康に配慮した物を選ぶのも大切なことです。

健康にお付き合いするなら栄養豊富な豆のお菓子がおすすめ

ピーナッツやくるみ、大豆など豆といってもさまざまな物があります。すべてに共通していえることは、栄養素が豊富で万能だと言うこと。

健康に配慮したお菓子を選ぶなら豆系のお菓子がオススメです。

美容効果のある「ピーナッツ」

ピーナッツは良質のたんぱく質やミネラル、ビタミンB1やビタミンEなど栄養素をバランスよく含んでいます。

特にビタミンEは「若返りのビタミン」といわれ女性にはうれしい栄養素。ピーナッツに含まれる天然のアミノ酸は、冷えや肌のくすみの改善やハリのある肌をつくってくれる効果もあり、お肌の健康に効果のある栄養素が豊富です。

畑の肉「大豆」

畑の肉と言われる大豆は人の健康に必要な必須アミノ酸を含んだたんぱく質が豊富。

三大栄養素のたんぱく質、脂質、炭水化物はもちろん食物繊維やオリゴ糖も豊富に含まれるので、便秘解消や免疫効果アップにも効果があります。

ピーナッツと同様にビタミンB群も豊富に含まれます。なかでも大豆イソフラボンは美肌やアンチエイジング成分として化粧品などでも使われるくらい美容に良い成分。

一粒に詰まった多くの栄養素

豆は天然のサプリメントといってもいいほど、さまざまな栄養素が含まれています。豆類に含まれる植物性タンパク質は、アミノ酸を多く含むため疲労回復などに効果があるとも言われています。

食物繊維やビタミン類など栄養素をバランス良く含んでいるので、豆のお菓子はまさに健康に配慮したお菓子だと言えるでしょう。

豆のお菓子で健康なおやつ時間を

昔から天然のサプリメントとして私たちの身近に存在し重宝されてきた豆には、健康にも美容にもよい成分がたくさん詰まっています。

フェーヴ自由が丘は、豆を健康的にそしてもっと身近で手軽なスイーツ感覚で味わってほしいというパティシエ辻口博啓の願いから生まれました。

ピーナッツやくるみをはじめ、さまざまな豆のお菓子をご用意しています。お仕事の合間や3時のおやつに豆のお菓子で健康なおやつ時間を過ごしてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事