このエントリーをはてなブックマークに追加

おとりよせで手土産を選ぶときのポイントとは

おとりよせで手土産を選ぶときのポイントとは

手土産をおとりよせで選ぶ際のポイントや選び方をご説明します。便利で楽しいおとりよせですが、手土産の場合は、いくつか注意したい点も。選び方のポイントを押さえて、喜ばれる手土産を選べるようになりましょう。

おとりよせを手土産にする場合の選び方

おとりよせは実際に手に取って購入できませんので、手土産にするときは以下の点に注意が必要です。

相手に合わせたサイズやボリュームを

おとりよせで商品を買い、いざ届いてみると想像していたより小さかった、逆に大きすぎたということは意外にあるものです。

手土産として渡す場合、大きく見栄えがする方がふさわしい場合もありますし、コンパクトでかさばらない方が移動の際も便利ということもあります。イメージと大きく異なることのないように、商品の画像や説明を十分確認したうえで、購入するようにしましょう。

個数や保管方法、賞味期限をチェック

自宅用としてのおとりよせお菓子なら、それほど気にすることはありませんが、手土産にするのならいずれも重要なポイントです。配りやすく、日持ちするものなら、切り分けたり急いで食べきる必要もなく、相手への負担は少ないといえます。

味や見た目だけでなく、受け取る側に余計な手間をかけさせないような心遣いも、おとりよせで手土産を選ぶ際には大切になってきます。

まずは、自分でおとりよせを試すのもアリ

美味しそうだけど、味はどうなのだろうと気になったときは、実際におとりよせするのもおすすめです。小分けになったタイプなら、単品や少数の詰め合わせで販売されていますので、少しずついろいろ試してみるのも面白いでしょう。

実際に食べてみることで、手土産を渡す際の話題にもなりますし、美味しいものをぜひ食べてもらいたいという気持ちも相手に届くはずです。

よく選ばれているおとりよせお菓子の種類は?

ギフト手渡し

おとりよせのお菓子の定番としては、洋菓子なら焼き菓子やチョコレートが人気があります。クッキーやチーズケーキなど、誰もが一度は食べたり、パッケージを見たことがあるという商品もあるくらい根強い人気があるものも。個包装タイプで賞味期限が長めだったりと、手土産として利用しやすい商品も多く揃っています。

和菓子の場合は、どらやきや大福などの餡子入りの和菓子を始め、せんべいやおかき、わらび餅やくず餅などの冷菓まで、洋菓子と同様、幅広いジャンルの商品が人気を集めています。老舗店の銘菓など、目上の方への手土産として定着している和菓子も珍しくありません。

おとりよせの醍醐味は、珍しさ

みんながよく知っているお菓子なら安心して手土産にできますが、もらう側としては、何度も似たようなお菓子をすでに受け取っている場合も考えられます。

そんな場合も考慮して、ちょっと珍しいお菓子をおとりよせでチョイスすると、新鮮で喜ばれることも。原材料にこだわって作られたものや、ヘルシーで健康にもいいものなど、こだわりのポイントを添えて手渡すことで、印象に残る手土産になるでしょう。

おとりよせは事前の下調べが鍵

種類が豊富で、じっくり選べるおとりよせなら、大切な方への手土産もきっと見つかるはず。渡す相手や商品の詳細についてしっかり確認したうえで、喜んでもらえるような手土産を選びましょう。

フェーヴ自由が丘では、見た目も可愛いらしく、食感も楽しい「豆スイーツ」など、人気のお菓子を豊富にご用意しております。シェフのこだわりが詰まったお菓子は、手土産としてもご好評いただいておりますので、ぜひ一度ご賞味くださいませ。

>>フェーヴ自由が丘のおとりよせはコチラをチェック!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事