このエントリーをはてなブックマークに追加

ママ友と仲良くなれる!失敗しない手土産の相場

ママ友と仲良くなれる失敗しない手土産の相場

ママ友からのお呼ばれ時には、相場に合った手土産を持参しましょう。子どもにとっても大切になるママ友とのお付き合い。失敗しないよう手土産の相場や選ぶポイントを押さえて、よりよい関係を築きましょう。

ママ友への手土産の相場

ママ友への手土産は高価であればいい、多く用意すればいいというものではありません。相場に応じた金額、個数のお菓子を用意してママ友との距離を一気に近づけましょう。

値段の相場

手土産の値段の相場は1000円~1500円なので、相手の持ち物などライフスタイルを見て値段を決めます。高すぎても気をつかわせてしまい、安すぎても付き合いを軽くみているようにとらえられかねません。頻繁に会うようになれば、少し値段を下げても問題ないでしょう。

選ぶお菓子の相場

個装されており、食べやすくて相手の食器を汚さないお菓子がおすすめです。切り分ける必要があるケーキや、食べこぼしやすいお菓子などは片付けや掃除の手間がかかってしまうので、避けた方がよいでしょう。

お菓子の個数の相場

集まるママ友の人数より少し多めに用意しましょう。ママ友の集まりでは、急遽人数が増えることはよくあることです。日持ちするお菓子であれば、少しくらい多めに用意して余っても迷惑にはなりません。また、旦那さんの分も数に入れるのを忘れないようにしましょう。

ママ友への手土産を選ぶポイント

ママ友への手土産は他の手土産とは選び方が少し異なります。手土産の相場を意識した上でポイントを押さえ、喜ばれる手土産を選びましょう。

個装されているお菓子を選ぶ

手土産で持参する場合は、個装されていて食べやすいお菓子が相場です。手が汚れたり食べこぼしたりするお菓子は、お部屋を汚してしまう危険性があるので避けた方がよいでしょう。また、残ってしまう場合も考慮し、常温で日持ちするお菓子がおすすめです。

子どもの年齢、授乳中の方がいないか確認する

集まる子どもの年齢を確認しましょう。入園前であれば、糖分の多いチョコレートや脂っこいスナック菓子は好まないご家庭もあります。また、集まるママ友の中に授乳中の方がいれば食べ物に気を遣っている恐れもあるので、事前に確認しましょう。

話題性のあるお菓子を選ぶ

目新しいお菓子や、パッケージがおしゃれなお菓子を選ぶと話のネタになり会話も弾みます。何を話せばいいか不安という時には、話題性のある手土産を持参し武器にしましょう。

近くのコンビニで買わない

近くのコンビニやスーパーで買ったお菓子は間に合わせで買ったように見え、ママ友への印象が悪くなってしまいます。頻繁に会うようになればよいですが、はじめはコンビニやスーパーのお菓子は避けましょう。

手作りは避ける

手作りのお菓子は好みがあるので、ママ友への手土産としては好まれません。自分の好きな味でも相手の好みに合わないこともありますし、手作りのお菓子が苦手な方もいるので既製品を用意するのが相場です。

相場に合った手土産でママ友と楽しいお付き合いを

ママ友に渡す手土産は、相場に合わせた中身も大切です。幼稚園、小学校、中学校と長いお付き合いになることが多いママ友。相場を意識した手土産選びでママ友との距離を縮めましょう。

フェーヴ自由が丘では、ママ友への手土産に最適な豆菓子を豊富にご用意。栄養豊富な豆をおいしく小さい豆にぎゅっと閉じ込めました。パッケージのデザインも豊富なので、パッケージ買いもおすすめです。

>>フェーヴ自由が丘の手土産はこちらからチェック!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事