このエントリーをはてなブックマークに追加

知らないで贈ってませんか?新築祝いのマナー

新築祝いのマナー

家は一生に一度の買い物。新築祝いを贈る際は失礼のないようマナーは大切にしたいところです。今回は、新築祝いにまつわるマナーやポイントについてまとめましたので、事前にチェックしておきましょう。

新築祝いとは

「新築祝い」とは、新しく住居を建てたことを祝うもの。新築一戸建てでなくても、新築で購入したマンションも「新築祝い」になります。中古の戸建て・マンションなど、中古住宅を購入して引っ越した場合は「引っ越し祝い(新居祝い)」です。

新築祝いを贈る時期にもマナーがある

マナーとしてまず覚えておきたいのが、新築祝いを贈る時期です。新居のお披露目に招待されたときに持参するのが一般的ですが、持参できない品物は新居にうかがう前に届けるとよいでしょう。

新居披露におうかがいできない場合やとくにお披露目がない場合などは、新居に引っ越されたあとや新居が完成してから1ヶ月くらいまでを目安にして贈るようにしましょう。間違っても引っ越し当日に届けるようなことは避けるようにします。

新築祝いの相場

新しい家では、家具や食器類などを買いそろえる方も多くいます。引っ越しは何かと物入りですので、新築祝いを現金にしても喜ばれるでしょう。新築祝いを現金で包む場合の相場は、贈る相手との関係によっても異なります。あくまで一般的な相場の目安として参考にしてください。

  • 親から子…5万~10万円程度
  • 子から親…3万円~10万円程度
  • 兄弟姉妹…1万円~5万円程度
  • 親戚…5千円~5万円程度
  • 友人、知人、職場関係…5千円~1万円程度

新築祝いで人気の品物

新築祝いで人気の品物

お祝いの品物として多く選ばれているのは、お部屋に飾るインテリア類です。中でも観葉植物やお花などは新築祝いの定番となっています。食器や調理器具、キッチン用品、タオルや傘立てといった実用品も人気です。

新居披露のお呼ばれに欠かせないお菓子

新居のお披露目に招待されたとき、お菓子などの手土産を持参するのもマナー。お披露目の席に彩りを添えるような素敵なお土産選びをすると、ぐっと好感度もあがって喜ばれること間違いなしです。

新築祝いに不向きな贈り物とは?

新築祝いのマナーとして向かない品や、贈り物をする相手によって品物を考える必要があります。

火事を連想させる品物

新築祝いは家が建ったお祝いですので、火事を連想させてしまう品物は贈らないように注意が必要です。生活雑貨では、ライターや灰皿、キャンドルなどになります。キッチン用品では、トースターやカセットコンロ、七輪などもやめておきましょう。赤い色のアイテムを贈るのもタブーとされます。

家の壁に穴を開けて飾るインテリア

壁掛け時計や絵画など、壁に穴を開けて飾るタイプのインテリアも、新築祝いとしてはあまりおすすめできません。リクエストされていない限りはなるべく避けたほうがよいでしょう。

上司への新築祝いで「踏みつける」を連想させる品物

上司への新築祝いで、ラグやマット、スリッパなどは避けるべきと言われています。理由は「踏みつける」を連想させてしまうから。「あなたを踏み台にします」という意味に取られかねませんので気をつけましょう。

喜ばれる新築祝いを贈るにはマナーを知ることから

家は人生の中でも大きな買い物。立派な家が購入できたことの喜びと、新生活をスタートさせる方々を応援する気持ちが込められているのが新築祝いです。基本的なマナーやポイントをおさえて、喜ばれる新築祝いを贈りましょう。

フェーヴ自由が丘では、大切な家族や友人、お世話になった方々へのお祝いの品にぴったりな豆菓子を販売しています。新築祝いのプレゼントに喜ばれること間違いなしのフェーヴのお菓子をぜひご覧ください。

>>新築祝いにぴったりのお菓子はこちらからチェック!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事