このエントリーをはてなブックマークに追加

喜ばれる結婚内祝いを贈るためには配慮やマナーが大切

喜ばれる結婚内祝いを贈るためには配慮やマナーが大切

結婚準備で忙しい時期に重なる結婚内祝であっても、相手に喜んでもらえるようマナーや配慮を大切にしたいものです。どういう点に注意して贈ればよいのか、結婚内祝いの基本的なマナーやポイントをまとめました。

知らないと恥ずかしい?結婚内祝いのマナーとは

結婚式に招待した方々へは引出物が内祝いとなりますが、招待できなかった方や欠席した方などから、結婚祝いをいただいた場合に贈るのが「結婚内祝い」です。結婚式を挙げていない場合でも、お祝いをいただいたら結婚内祝いをします。

結婚内祝いを贈る前にまずはお礼の言葉を

結婚祝いを、直接お会いしていただいた場合はその場でお礼が言えますが、郵送などでいただいた場合は、なるべく早めにお礼状を出すようにしましょう。お礼状には、品物が届いた報告と感謝の気持ちを伝えます。

結婚内祝いはいつまでに贈るのがマナー?

一般的に、内祝いの時期は「1ヶ月以内」が目安とされています。結婚内祝いの場合、遅くとも挙式後1ヶ月以内には贈っておくのがマナーです。結婚内祝いに限らず、お祝いへのお礼はできるだけ早い時期に行ないましょう。

結婚内祝いは「半返し」が基本

結婚内祝いの金額は地域によって差があったり、贈る相手との関係によって異なりますが、いただいたお祝いの半額程度の品物を贈る「半返し」が一般的です。

縁起が悪い品は避ける

「切れる」「割れる」を連想させてしまう、刃物や割れ物を結婚内祝いに選ぶのは避けたほうがよいでしょう。また、割り切れる偶数も「別れ」のイメージがあるので、お菓子など詰め合わせの品物を贈る場合は、偶数にしないのがマナーです。

お礼状を添えて

お礼状を添えて
結婚内祝いは、お祝いをいただいた先方へ夫婦そろってうかがい、お礼の言葉とともにお渡しするのが正式なマナーですが、場合によっては都合がつかないこともあります。

その場合郵送などになりますが、直接お礼が伝えられないぶん、感謝の気持ちを手紙やカードに託して伝えるなどの配慮は忘れないようにしましょう。

結婚内祝いに選ばれているギフト

結婚内祝いには、「いくつあっても困らないもの」や「自分では買わないけどあると嬉しいもの」が喜ばれているようです。

いわゆる“消えモノ”と言われる、食べたり使ったりするギフトが昔からの定番。実用品などは、シンプルなものを選ぶようにするのがポイントです。

こんなのときのために、普段からお世話になっている方々の好みをリサーチしておけば役立つかもしれません。

みんなで楽しめる「お菓子」

みんなで楽しめる「お菓子」
結婚内祝いにぴったりで人気が高いギフトがお菓子。昔からの定番ですがみんなで楽しめるお菓子は外せません。最近では、色とりどりのキュートなスイーツも多く、見ているだけも幸せな気持ちにしてくれます。

カタログギフト

品物選びに迷ったときは、カタログギフトにして欲しいものを相手に選んでもうらのもおすすめです。受け取る側も、もらってうれしい内祝いとしてカタログギフトが人気を集めています。

ふたりの気持ちを込めて贈る「結婚内祝い」

結婚内祝いのマナーは、受け取った方に喜んでいただくために必要なもの。しかし、決まりに縛られ過ぎず感謝の気持ちを込めて選べば、お二人らしい素敵な贈り物になるはずです。

フェーヴ自由が丘では、もらった方がおもわず笑顔になってしまうバラエティ豊富な豆菓子をご用意しています。「しあわせ」という意味が込められているフェーヴのお菓子で、新婚のお二人から感謝の気持ちを込めて、幸せのおすそわけをしませんか?

>>結婚内祝いにぴったりなお菓子はこちらからチェック!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事